理事長挨拶

一般社団法人 藤岡青年会議所
理事長 加部 雄一郎
~はじめに~
 私は青年会議所を「地域を変えるために自分自身が成長して運動を行う団体」と考えています。青年会議所の「地域を変える」とは単に奉仕活動(ボランティア活動)として、実施することを目的とした事業を開催しません。市民が自らの手で地域の未来を創りだしてゆける場を我々が提供することや、市民自らが地域を良くしていこうと考える意識醸成を目的として我々は事業を行っていかなければなりません。よって、今取り組まなければならない藤岡市の問題を的確にとらえ、現状の立ち位置と理想の位置のギャップから課題を見つけ、市民の意識変革を目的とし、我々が事業を行うだけでなく、後に市民自らが賛同して実施していける所までを企画していきます。そして、我々はまちづくりに関わっていく中で、地域のことに本気で向き合い、学ぶことで自分自身を成長させる機会を得ることになります。また、事業を実施するまでの会議の場で議論し、お互いが影響し合える環境があります。お互い意見をぶつけ合い価値観を認め合うことで、自分自身を発見し、自分に向き合い自力で高めていく能力が身に付きます。
 以上の青年会議所の事業目標のもと、藤岡青年会議所2018年度は、「外国人と市外の人々が藤岡市に魅力を感じ交流人口増加を促進できる地域を創造する。」ために、自己成長に励みまちづくりを行っていきます。
~JAYCEEとして絆の向上~
 青年会議所はまちづくりを行う中で自己の成長を得ることができる団体であり、活動することで得た多くの学びを会社や地域の発展に活かすことができます。しかし、近年は仕事の事情等で、例会や事業に積極的に参加できず、青年会議所の活動を通して学びを得ることができない会員が増えています。この地域経済が低迷し混沌とした時代の中において、将来の仕事に不安を抱えている会員も多く、今まで以上に地域との関わりやその機会が求められています。
 会員が仕事の理由等で活動を制限してしまう意識を「青年会議所に参加することは仕事と同等に大切だ。」と意識が変わるように、これからの時代背景をとらえより魅力的な組織になるための環境を整えていく必要があります。
 藤岡青年会議所の年初会員は24名と少ないですが、シニアクラブ会員、特別会員、賛助会員、また関連諸団体を含めると多くのつながりがあります。藤岡青年会議所2018年度は、地域とのつながりを深める交流事業を開催し、自らが会社の代表として地域と関わる意識を持ち、青年会議所へ積極的に参加できる機会を提供します。
~共に活動を行う同志を増やす~
 青年会議所はまちづくり団体ですが、まちづくりを推進していく中で「人のため地域のために力を発揮できる志をもった人間」を育てることができる組織と考えています。本年度年初会員数は24名であり、共に活動する同志を増やしていかなければ我々のまちの未来は決して良くなるはずがありません。そこで、本年度の会員拡大目標は15名を目指します。40名規模のLOMを見据えることで、この地域や行政へさらに影響力のある事業を開催できます。また、日本・関東地区・ブロックへの出向者を定期的に輩出できること により、経験や知識を培った人材を多く育て、藤岡市のまちづくりに活かすことができます。
 昨年度は拡大意識醸成事業や月一回の拡大会議を開催し、会員から入会候補者の情報が積極的に報告される体制を整えることができました。目標達成に向けさらに邁進するためには、会員全員で入会候補者へ例会や活動説明会に参加を促す声掛けを積極的に行い、会員一人ひとりが会員拡大はまちづくり活動と同等に重要であることを意識する必要があります。
 まずは、会員全員が例会や事業の開催時、常に入会候補者の参加に向き合うために、各委員会が目標設定と行動計画を立て共有し、1年間評価し合える環境を整える事業を開催することで、会員全員が目標は必ず達成するためにあるという意識を醸成します。そして、多くの入会候補者に青年会議所はどのような団体なのか知ってもらうために、青年会議所の活動を伝える活動説明会を開催し、会員との交流も深めることで、入会候補者が青年会議所へ入会しようと考える意識醸成を行います。
 会員拡大において会員全員が多くの入会候補者に声掛けを行うことで、多くの入会候補者が青年会議所に入会するメリットを知っていただき、目標である15名を達成します。
~次世代を担う若者達に地域と関わる機会を提供する~
 少子・超高齢化社会を迎える中で持続可能なまちとしていくためには、未来を担う若者達の意見を反映させることが大切になっていきます。そのような中で2016年6月19日に選挙法の改正により、選挙権年齢が「20歳以上」から「18歳以上」に変更されました。高等学校や大学で市民と政治の関わりを教える主権者教育を実施していくことで投票率はさらに向上していくと考えます。しかし、若者達は、まだ政治が実生活へ身近に感じられない世代なので、学校の先生や両親、また生活の一部であるメディアからの意見に左右されやすく自らの意志を固める機会が整っていないため、若者達の意見を反映させた政治が行われるまで至っていません。選挙において、限られた情報だけで判断しなければならない若者達に、生の声を聞き自らの意志で判断できる機会を提供する必要があります。
 若者達が自分の政治的価値観をしっかり持ち選挙へ臨めるために、高等学校や大学と連携を図り、多くの若者に生の声を届ける事業を開催することで、広く情報を得て選挙へ臨む意識を高めていきます。
 藤岡市の未来を担う若者達が未来の政治を自らの意志で判断できる事業を開催することで、高齢者目線の政治だけでなく若者目線の政治も行われ、調和のとれた藤岡市を実現します。
~市民と行政とともに藤岡市の未来を創造する~
 グローバル社会の到来により外国人観光客で経済活性化に成功している地域がありますが、多くの外国人観光客は東京などの魅力が多い主要地域へは訪れ、藤岡市を含め多くの地方には世界に発信できるほどの魅力は少なく、注目されないことが現状です。しかし、近年の外国人観光客は、主要観光地域のみの注目意識だけでなく、日本の文化や生活を深く知る文化交流まで関心が高まっています。その現状を踏まえ、藤岡市にまで訪問してもらえるように人と人のつながりを深めていく必要があります。
 藤岡青年会議所は、2015年度にオーストラリアのメルボルンを中心に活動するJCI-EASTERNと国を越えた人と人との絆を深め、情報交換からお互いの地域・経済発展を目的として姉妹JC締結をしました。しかし、藤岡市では外国人訪問者・滞在者が少なく、市民が外国人に関わるきっかけが少ないため、藤岡市内の若手経営者はもとより 青年会議所の会員自身がその目的の必要性をまだ把握できていません。
 まずは、文化交流を望む多くの外国人が藤岡市を訪問先として目を向けてもらうために、藤岡在住の外国人と連携を深め、多くの外国人が藤岡市に集える事業を開催し、外国人が地域と関わることができる場としてまちづくりに参加していく意識を醸成させます。そして、市民が民間外交の重要性に気づいていただくために、行政と外国人とともに国際交流 事業を開催し、市民と外国人が触れ合う機会を提供することで、互いのつながりを深め市民の国際意識を高めていきます。
 行政・外国人とともに創造する国際交流事業を開催することで、グローバル社会が進む 中、市民と外国人の民間外交につながり、交流人口増加を促進できる藤岡市を実現します。
~市民が誇りを持ち地域の魅力を発信する~
 藤岡市は関越自動車道と上信越自動車道、北関東自動車道が交わる東京方面からの「群馬の玄関口」として重要な役割を担っています。1999年に道の駅ららん藤岡が開設して以降、年間約380万人の観光入込客数があり、道の駅ららん藤岡だけでも年間265万人の来場者を有します。しかし、市内に2時間以上滞留した人の割合が低く回遊率が低いことより、街中や観光スポット等藤岡市の魅力を東京方面からの人びとへ魅力発信できていません。
 東京方面からの人びとが移動の際の休憩スポットとして立ち寄るだけでなく、藤岡市の魅力発信を行う事業を開催することで、移動時間が1時間30分以内の場所でも多くの魅力に触れることができることに気づいていただく必要があります。
 本年度、第48回群馬ブロック大会が藤岡市で開催されることで群馬ブロック協議会の多くの会員が訪れます。主管LOMとして藤岡青年会議所会員が一丸となって群馬ブロック協議会の会員をおもてなしするとともに、大会開催することだけに留まることなく、これからの藤岡市の発展また群馬県の発展につなげるため向き合わなければなりません。
 藤岡市の魅力発信力を高める事業を地域にある関係諸団体とともに開催することで、市外の人びとが藤岡市の街中や観光スポット等へ訪れることによる回遊性の向上を実現します。そして、群馬ブロック協議会と連携して第48回群馬ブロック大会を成功させることで、藤岡市が群馬県の魅力発信の拠点となり、多くの人から注目されるまちを実現します。
~御巣鷹山日航機墜落事故の想いを継承する~
 藤岡青年会議所は2009年度より御巣鷹山日航機墜落事故の事実から「命の大切さ」を題材として、事故を知らない青少年へ伝えてきました。2016年度の藤岡青年会議所創立50周年記念事業では、御巣鷹山日航機墜落事故の想いを各年代の青少年が学び、青少年自らが「社会の安全」として次世代に伝えていける事業を展開してきました。藤岡市を「命の大切さ」・「社会の安全」を発信していくまちとして次世代へ伝え続けていくためには、我々が事業を継続していくだけでは解決しません。10年間の歩みの中で関わった行政や教育機関等とさらに連携していき、「命の大切さ」・「社会の安全」を青少年へ継承していける仕組みを構築していかなければなりません。
 今まで関わってきた行政や教育機関等が御巣鷹山日航機墜落事故の事業へ参加し学ぶことからさらに一歩前進し、事故を風化させないためにご遺族を支えてきたボランティア団体の方々と深く関わり、自らの意志で青少年へ伝えていく意識を深めていく必要があります。
 御巣鷹山日航機墜落事故において、今まで関わってきた行政や教育機関等とともに事故の記憶を風化せず青少年へ伝えていくことで、まちの発展を目指す中でも「命の大切さ」・「社会の安全」を忘れることなく発信し続けるまちを実現します。
~おわりに~
 私は仕事のつながりで紹介され、人脈が広がると言われ青年会議所へ入会しました。青年会議所に入会する動機は一人ひとり異なると思いますが、主に「人脈を広げる」「勉強ができる」「仕事のつながり」がほとんどではないでしょうか。この3つの動機の主語は「私」であり、すべては自分自身の事です。青年会議所はまちづくり団体ですが、まちづくりをしたいと初めから入会する人はごく一部だと思います。しかし、青年会議所活動を続ける中でいつの間にか、「メンバーのために」「家族のために地域を良くしよう」「未来をになう人達のためにがんばろう」と人のため地域のためにという気持ちが生まれてくるのではな いでしょうか。青年会議所は「人の価値観を根本から変えられる団体」だと考えます。
 本年度の目標としてメンバー一人ひとりが「自分が変われる期待感」と「圧倒的な当事者意識」を持ち活動を行っていただきたいと考えます。例会や委員会はもちろん懇親会へ積極的に参加して会員同士で触れ合い切磋琢磨し合いましょう。必ず自己成長につながる発見があります。また、当事者意識として地域を変えることができるのは自分達だという気概を持ち、周りに目を配りどんなことでも自分自身の問題ととらえ、相手の立場に立って問題解決に向けて取り組んでいただきたいと考えます。メンバー全員で「人のため地域のために力を発揮できる志をもった人間」となり、これからの藤岡市の未来を担っていきます。

Copyright © 2015 一般社団法人藤岡青年会議所. All Rights Reserved.